スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

豚そば Fuji屋

  • 2010.05.31 Monday
  • 23:59
つけソバそういえば最近つけ麺食べてないなー食べようかなーと、北区屯田あたりにいてふと思う。時計を見ると11時40分で、近場のお店なら12時前にお店に入れそう。

そこで思い出したのが太平にある「豚そば Fuji屋」。ふだんなかなか行けないエリアのお店だから、このタイミングで思い出したのは何かの縁。こりゃ行くしかなかろう。札幌市北区太平4条3丁目 3-3 ノースリバービル1F。初。

駐車場に車を停めて店に入ると、1人が出て行って入れ替わりでちょうど席が空く。ラッキー♪やっぱり今日はこのお店と縁があるようだ。

カウンター席のみ8席の、一番奥の席に案内されてメニューを見る。「つけ麺」というのが無くて、代わりに「つけソバ」というのがある。言われてみれば、おそらくいわゆる「ラーメン」であろうメニューのことを「豚ソバ」と記しているし、「麺」のことを「ソバ」って言うのだろう。

当初の予定通り、食べたいと思っていた「つけソバ 醤油(背油煮干豚骨)」を注文。

きれいなストレート麺(ソバ)を、まずはスープに浸けずに食べてみる。小麦の香りとても強く、好きな味!!!
特徴的なのが麺(ソバ)の形状で、角が無くまんまるい形の麺(ソバ)になっている!
ズルズルっとすすった時の食感が独特の初めての食感で、これもまたまた好きだなぁ!

スープは「醤油(背骨煮干豚骨)」というくらいで、豚骨系のまろやかなコク旨スープをベースに、煮干や魚粉、背油が効いているスープ。なにかが突出したガツン!という味ではないけれど、全体的にバランスよく調和したスープで、食べていて全然飽きないスープ。う〜ん、こりゃあいい!!!


あっ!それとね、チャーシューがね、トロ〜リと柔らかくって美味しかった。


こちらのお店は、6月14日から大通公園で行われる「さっぽろ大つけ麺博」に出店するので、太平まではなかなか行かれないという方は、是非この機会にどうぞ。


つけソバ 醤油 (背油煮干豚骨)750円

凡の風(2)

  • 2009.04.28 Tuesday
  • 23:59
つけ麺前回食べた時、感動するほど美味しくて、是非是非また来なくっちゃ!・・と思いつつ、なんかタイミングが合わずに行けずにいた「凡の風」。ほんと、忘れてたわけじゃないんだ。忘れたことなんかないんだよ。
行けそう!と思ったら定休日だったり、行けば駐車場がいっぱいだったり。タイミングが合わなかっただけなんだよ。

今日はスープカレーを食べようと思っていたのにいいお店が思い浮かばず、近くにいた「凡の風」に行くことに。札幌市中央区南9条西15丁目1-5。1年1ヶ月振り、2回目。

食べたいのははもちろん「つけ麺」。
「凡の風」のつけ麺は1種類のみだから、自動的に「つけ麺 塩(南印風)」をひや盛りで注文。

さがみ屋製麺の、見た目がとってもきれいな色をしたプリップリの太ちぢれ麺。
まずスープにつけずに麺だけですすってみると、小麦の香り、食感たまらなく良くて、美味しすぎ!!!!あぁやっぱりこの麺大好きだなぁ!!!!

スープにつけて食べてみる。
塩、鶏ガラ、魚介をベースにバジルなど香草の香り、ベーコンの旨味などがバランスよく馴染んだスープは、まさにここでしか食べられない唯一無二な美味!
心なしか記憶よりもスープの味が「濃い」感じがするけど、こんなもんだったかな???

でもやっぱり美味しくってあっという間に完食!
スープ割りをお願いしてスープを飲んでいたんだけど、もうちょっと食べたいなーと思って・・


かえ玉を追加!!!!


かえ玉つけ麺用と比べるとずいぶんと細い麺が投入されてやってきた!
麺はぎゅーっと、よーーく締まった食感で、この洋風なスープに合う。これもとっても美味しい!!!

なんだか食べ終わるのがもったいなくて、後半は無駄にゆっくり食べていたくらい!

かえ玉ではなく「ライス」を投入する「リゾット風」もこれは絶対に美味しいでしょ!
次はこれだな♪
 

つけ麺 750円
かえ玉 +100円
計 850円

前回の凡の風の様子はこちらから

らーめん 信

  • 2009.04.22 Wednesday
  • 23:59
つけ麺みそそういえば中の島の住宅街の、ちょっとわかりにくい場所に蕎麦屋があったな。今日はそこに行ってみよう・・・と、お店の前まで行ってみるとアララ!蕎麦屋がラーメン屋さんに変わってる!!でも「つけ麺あります」というのぼりも立っているし、暖簾をみると「さがみ屋製麺」の麺を使っているようだし、イチカバチカ入ってみようかな。「らーめん 信」。札幌市豊平区中の島2条7丁目5-23。初。

店内、カウンター席と壁側をずらーっと長ソファーは、まるでスナックみたい。お店の広さを少し持て余しているようなレイアウトに見える。
少し枯れ気味のお祝いの花も飾られていて、ひょっとしてオープンして間もないのかな?(家に帰って調べてみるとつい先日、4月11日にオープンしたばかりとのことだった!)

ラーメンも食べられるのだが、食べるのはもちろん「つけ麺」。みそorしょうゆは「みそ」、温or冷は、「冷盛り」で注文。

麺は細めのちぢれ麺。
茄子とゆで卵がのっているのは「ここ」と一緒で、製麺所も一緒。なんか関係あるのかな??

スープはしっかり「味噌」でなかなか。
器の下の方に細かくて柔らかいチャーシューがたっぷり沈んでいて、麺をつけた時に少しずつ絡まってきたのを食べたり、あるいは直接食べたりして美味しかったな!

ただ個人的には、太い麺のつけ麺で、もっと魚がガツンと効いたのが好きかもな。

今日はそれを再認識。

つけ麺 みそ 680円

綱取物語

  • 2009.04.05 Sunday
  • 23:07
辛つけ麺なんとなく家でごはんを食べたい気分じゃなく、ふらっと外でごはん。ちょっと前に知人との会話に出てきた「麺屋 綱取物語」へ。お店がオープンした去年の初め頃、たまたま店の前を通ったことがあったのですが、店名だけで「ちゃんこ屋さん」だと思って、実はラーメン屋さんだと知ったのは随分と後のことでした。ごめんなさい。札幌市白石区菊水3条3丁目2-15。初。

お店は菊水の住宅街の中にあってやや分かりにくい場所だけど、駐車場もあるしお昼時などのピーク時をはずせば来やすそう。テーブル席が3つとカウンターが6席くらいかな。ちょうどいいこじんまり具合のお店。

色々と限定つけ麺があって、イイ!という噂を聞いていたのに、今日はタイミングが悪かったのかそれらは無くて、定番メニューの「辛つけ麺」のみでちょっとがっかり。でも初めてだし定番メニューでもまぁいいか♪注文。

やってきた「辛つけ麺」。
どっしりとして、まるでメインディッシュのような主張を感じる凄いチャーシューがまず目を惹く!!なまら旨そーーー!!!!
麺は平打ちの黄色い麺で、まずはスープにつけずに食べてみると歯ごたえ良く香り良く、美味しい。つけ麺のお店では平打ち麺を採用しているお店をよく見かけるけどやはりスープと絡みやすいのかな?個人的には好きな感じ!

次にスープにつけて食べてみる。
見た目真っ赤なスープは味噌ベースで、プラス、トマトの香ばしいかおりがあっておもしろい。そうしてこの相反しそうな2つが絶妙に調和している!すばらしい!!!

しかし「辛つけ麺」だけに本当に、強烈に辛い。
きっと辛いのが得意!という人以外は食べられない辛さだろう。食べる人を選んじゃう。
辛くないつけ麺もあればいいのになぁ。

期待のチャーシューは肉厚でジューシーで柔らかくって、炭火で焼いたのかな?香ばしい香りも抜群でた・ま・ら・な・い!おみやげとして持って帰りたいと思ったよ。

つけ麺を食べてみて、きっとラーメンも美味しそうだなって思ったからぜひ食べてみたいな。既存のラーメン屋さんとは違った感覚を楽しめるラーメン屋さんだと思う。
美味しかった!!!

辛つけ麺 750円

羅妃焚 総本店(2)

  • 2008.10.01 Wednesday
  • 23:59
つけ麺岩見沢。
どこかでゴハンを食べなきゃだけど思いつかない。
えーい、いいや!昼メシにラーメンを食べる習慣は無いけれど仕方がない。今日はラーメン屋だ!国道12号線沿いの「らーめん専家 羅妃焚 総本店」へ。岩見沢市10条東6丁目6-1。3年2か月ぶり、2回目。

どのラーメンを食べようかとメニュー表を見渡すと、「つけ麺(味噌・醤油)」というのを発見。やった!!昼メシに「ラーメン」を食べる習慣は無いけれど、「つけ麺」を食べる習慣ならある!!!すかさず「つけ麺(味噌)」を注文。

な・な・なんともすごい量の麺がやって来たけど、大盛りでもなんでもない、レギュラーサイズの量だよ。軽く2〜2.5玉分位はあるんじゃないかな?あまりにも山高な麺のせいで、おかげで写真の手前側が影になっちゃったじゃないか。まったく。。。

麺は細めのちぢれ麺。
スープ(味噌)は、ざらりとした口当りがある、風味豊かなスープで、野菜の甘さなんかもよく感じる。また、細かく刻まれたチャーシュー、長ネギが食感良くて美味しい。どんどん食がすすんでいく美味しさだ。

途中、ちょっと違和感を感じてスープをそのまま飲んでみると、普通に飲める濃さ。今まで食べたことのある「つけ麺」用のスープって、かなり濃い味に仕上げられていて、スープをそのまま飲むなんて決してできないような味つけだったのに(だから最後に割スープを入れて薄めてから飲むんだよね。)、これは普通の味。軽く驚いた!

でもこの細さの麺だから、これくらいの薄めの味付けでちょうどいいのかな。とっても食べやすくて美味しいと感じた。

つけ麺って、食べやすいから普通より多めに食べられるもんだし、これくらいの量ならたぶん大丈夫っしょ!と思った山盛りの麺は、最後は必死になんとか完食。やっぱすんごい量だなぁ〜。

ま。たまにはこんなつけ麺もありでしょ。

つけ麺 味噌 830円

前回の「羅妃焚 総本店」の様子はこちらから

山岡家

  • 2008.09.11 Thursday
  • 23:59
辛味噌つけ麺9月11日
山岡家で「つけ麺」が食べられると聞いたのはずいぶん前のことなんだけど、なかなかタイミングが合わずに行けず。今日は近くに山岡家があるし、他にお店が思い浮かばなかったから行ってみよう!  ・・っていうか1000以上の記事を投稿しているのに、なんと「山岡家」初登場だ。意外!!!「山岡家 樽川店」。石狩市樽川9条1丁目1-3。初。

お店の前に大きく「つけ麺まつり」のお知らせがあって、色んな工夫をしている「変わりつけ麺」がたくさんある!・・けれどもなんだか、どれも全然そそられない。。。だからシンプルな、最も普通なつけ麺を食べることにしよう。
券売機で「辛味噌つけ麺」の食券を買って、店員さんに渡す。
「お好みはありますか?」と麺の固さや脂の多さの好みを尋ねられるが、まぁ特にこだわりもないから「そのままでお願いします」と返答。

さぁやってきた「辛味噌つけ麺」。
麺は中太のストレート麺。そうそう、山岡家の麺はこんなだった。旨そうだ!!通常のラーメンの1.5玉分ということで丼に山盛りの大迫力!!

さっそく食べてみると、スープは辛味噌が効いていて、ただ酸味が強めでちょっと食べにくい。悪くないんだけど、ちょっと気になるなぁ。
それでも麺はやっぱり好き。昔よく食べていたことを思い出す。

スープ割りをしてもらうと、マイルドな飲みやすいスープになった。酸味がまろやかになっていい感じになったよ。おかげで最初に考えていたより沢山スープを飲んじゃったよ。アブナイ、アブナイ・・。

久しぶりに山岡家に来て、すすきので飲んだ後に行きたいなぁと思ったのでした。

辛味噌つけ麺 780円

おうぎ屋(2)

  • 2008.08.18 Monday
  • 23:59
つけ麺東区元町にあった「おうぎ屋」という、つけ麺が美味しいラーメン屋さんが6月に厚別に移転再オープンしたのです。すぐに行こうと思っていたのに結局だらだらと、もう8月になっていました。厚別区厚別西2条2丁目2-6 モンファーレット1階

元町の頃はカウンターとわずかなテーブル席のみのお店だったのに、移転後の「おうぎ屋」はテーブル席中心で、かなりの人数が座れる席数の、大きなお店になっていてビックリ!!これは客である我々にとってはかなり嬉しいことだけど、ラーメンを作るお店の人たちはきっととんでもなく大変だろうなぁ。実際、私がたまたま見たタイミングのホールのスタッフさんは、かなりてんやわんやしていて大変そうだったぁ・・。

これだけ忙しそうというのも理由の一つだろう、会計が事前に券売機で食券を買うシステムになっていた。少々味気ない感じがするんだけど、合理化のひとつの方法か。券売機の前でメニューを見ると、「つけ麺」にもいくつかのバリエーションがあるようだけど、今日はとりあえず通常の「つけ麺」の券を購入。

「おうぎ屋」といえば自家製麺、無化調というのが有名で、今日もこの自慢の自家製麺を楽しみにやって来ました!

その自家製麺は細いちぢれ麺でやや色が白い。
最初、つゆにつけずに麺を一口すすってみると、ふわっと小麦の香りがして、これは旨〜い!!!小麦の香りがとってもよくて、すっかりとりこになっちゃう!やっぱいいねー!!

スープはとっても美味しそうな、いい色をしているよね!!
魚系の旨味を強く感じ、トリガラやトンコツなどと相まったスープで、「無化調」という言葉のイメージよりずっとしっかりとした味がする。

麺とスープの相性もよく、食べやすい。
たっぷりの麺なんだけど、あっという間に食べ終わったよ。

麺を食べ終わった後はスープ割りをしてもらう。
魚系のうま味がますます強くなったスープ割りのスープは、ちょっぴり濃いめだったけど、でもやっぱり美味しかった。

おうぎ屋はやっぱり美味しいなぁ。
今度は「特製 つけ麺」ってのも気になるんだなぁ。

つけ麺 700円

移転前のおうぎ屋の様子はこちらから

いそじ

  • 2008.08.12 Tuesday
  • 23:59
つけ麺・味噌ここの近所に住んでいる同僚が絶賛し、仕事時も休日もよく通っているという「いそじ」というラーメン屋さん。普段あまりラーメンを食べない私も「いそじ」の名前は色々な媒体でよく目にしていたし興味深い。しかもこちらのお店、つけ麺があるっていうし行ってみたい!・・ってな具合でその同僚に連れて行ってもらいました。「らーめん いそじ」。豊平区月寒東5条18丁目8-16 。初。

広々とした厨房とカウンター席。カウンターに座るとさっそく同僚と店主さん、おかみさんが世間話を始めておぉ!ほんとによく通っているのだなぁ〜と感心。

「いそじ」は人気有名ラーメン店「欅(けやき)」で修行されていたご主人が営むラーメン屋さんで、その味噌ラーメンの味は「欅」を彷彿させる絶品の美味しさらしい。しかも「欅」にはない醤油、塩といったラーメンもあって、とてもおもしろいと評判のお店。

しかしそうは言っても、今年の私はつけ麺ブーム真っ最中。ひたすら「つけ麺」を食べるのです。「つけ麺・味噌」を注文。

「いそじ」のつけ麺、麺は中細で、通常のラーメンっぽい感じ。
スープは味噌味。深みがあって口当たりはマイルド。それでいてあまり後をひかない味わいで、とても食べやすくおいしい。

けれど言い方を変えれば、普通に卒なくおいしいだけの「つけ麺」で、あまりガツンとインパクトを感じない「つけ麺」。もしかしたらお店の品揃えのひとつとして「つけ麺もありますよ」と、いうくらいの力の入れようか。少々物足りなかった。

同僚に一口もらった味噌ラーメンはとっても美味しかった!!!
もしまたここに来る機会があるならば、ぜひこの味噌ラーメンが食べたいね!

つけ麺 味噌 650円

麺や 虎鉄 川沿本店

  • 2008.07.29 Tuesday
  • 23:59
つけ麺北区太平から南区川沿に移転した、つけ麺が有名なラーメン屋さん「麺や 虎鉄」(→旧太平店の様子はこちらから。)。個人的には移転によって家からずいぶんと近くなったから嬉しい。南区川沿15条2丁目2-1。初。

この場所は以前、「さんぱち」があったところで、駐車場が広くっていい。太平時代の店は2台しかとめられなかったから、なかなか行く気になれなかったんだよね。

店に入って早速「つけ麺」を注文。
ねぎ、メンマ、油の量を調整(チューニング)できるのだけど、あえて「そのまま」で注文。

極太&極ちぢれの麺は大迫力!!
スープにつけずに麺だけを食べてみると、小麦の風味もしっかり。もちろんパワフルな噛みごたえも健在!

スープにつけて食べる。
豚骨ベースの、濃厚なこってり系スープ。前回太平で食べたときは、麺の強烈なパンチ力に、スープが完全に負けていると感じたけれど、今日はそうは感じず。麺とスープのバランスもよくて美味しいなぁと思いました。
本当に美味しくなったのか、食べるのが2回目だから慣れたからなのかはわからないけど、とにかく以前の印象よりずっと美味しかった。

スープ割りもほどよい濃度で作ってくれて、飲みやすくて美味しかったなぁ!!!

近所においしいつけ麺のお店ができたってのはほんと嬉しい!
また来ます!

つけ麺  800円

移転前、太平の頃の様子はこちらから

一口茶屋(2)

  • 2008.07.26 Saturday
  • 23:59
辛つけ麺土曜日なのに仕事。
お昼はささっと「一口茶屋」で。

味噌ラーメンでも食べようかなって思っていたら、新メニュー「辛つけ麺」ってのを発見してしまった!つけ麺好きとしては、コレ食べなきゃダメでしょ。

具材が全く入っていない真っ赤なスープに、麺は西山ラーメンの中太ちぢれ麺。

さっそく食べてみると、スープは酢が効いていてスッキリ!見た目よりは辛くない「ちょい辛」で食べやすい。麺はしっかり冷たく締まっていて、食感がいい感じ。なかなか旨い。

値段相応のイメージの味。
期待ハズレでなければ期待以上でもない。
激ウマってわけじゃないけど、これはこれでアリでしょ。個人的にはけっこう気に入ったよ!

それにしてもあれだね。
「西山ラーメン」っていう麺は、札幌生まれ札幌育ちの僕の体にすーっと馴染むように入っていく麺だよね。確実に、僕の体の数%は西山ラーメンでできていると断言!!

今日はそのことに気がついたナイスな土曜日。

辛つけ麺 520円

前回の一口茶屋の様子はこちらから

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM