スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

四捨吾入

  • 2008.02.04 Monday
  • 23:59
大盛南郷。前から行きたいと思っていた札幌を代表する蕎麦屋さん「そば酒処 四捨吾入」へ。白石区南郷通17丁目南7-10。初。

お店は大きな通り沿いではなく住宅街の中にあって、分かりにくい場所だろうと思っていたけど、実際に行ってみると地図で見る以上に分かりにくい。

今回はふと道を曲ったところに偶然にお店があって、奇跡的にたどり着くことができたけど、次回も同じように行ける自信はナシ。。。

普通の住宅を改装したお店。玄関で靴を脱いで、スリッパを履いて中へ入る。
4人掛けのテーブルが4卓のみ。「飲食店」というより、「田舎のおばあちゃんの家」と言いたくなるような、家庭的でおおらかな雰囲気のお店で、イメージしていた和風の、
いかにもそば屋さんらしい内装とはかけ離れていたもので驚く。

初めてのお店なのでいつも通り「大盛り」を注文。
すると「十割しかないけどいいかい?」と聞かれたので「はい、いいです。」と、慌てて答える。

改めてメニューを見てみると、通常は十割蕎麦か二八蕎麦かを選べるようだ。
まぁ、どのみち「十割蕎麦」を選んでいただろうし、特に問題はない。

四捨吾入の「大盛り」はせいろが2枚。

蕎麦はやや薄い色をした中細。
最初はつゆにつけず、蕎麦だけで食べる。
蕎麦の香り良く、味濃く、さすが十割蕎麦だと感じる美味しさ。
それにキリっと角がたっていて、かなりコシが強い蕎麦で、
「えっ?これ本当に十割????」
と思うほど。この食感はかなり好きな食感。

蕎麦1本1本の見た目もきれいで、さすが!札幌を代表する蕎麦名人の打つ蕎麦だ。

つゆは削り節の香りがふわっと来る甘めの濃い口。
だしと返しが良く馴染んでいるのを感じる。

上段のセイロはさらっと蕎麦が添えられる感じで盛られているが、
下段のセイロにはたっぷりの蕎麦があって、食べ終わってみればちょうどいい量。

「さすが!」
としか言えないほどの美味しさに惚れぼれ。

味を忘れないように、もう一度、しっかりと味わいたい。
再訪しなくては♪

もりそば(十割)550円
大盛り +200円
計 750円

スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday
  • 23:59
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
> 四捨吾入(小幡 栄)様

は、はじめまして!!
まさかわたくしの憧れの小幡様からコメントをいただけるなんて…感激です!!!

先日は美味しい蕎麦をいただくことができ、そして幸せな時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

人に褒められたことがないだなんて、そんなご謙遜を…。

またお邪魔させていただきたいと思っています。
その際はよろしくお願いします。
当店のそばをこんなにも賞賛していただき誠にありがとうございます。
今日、道新文化センターの「手打ちそば入門」の44期の卒業生のS君がわざわざ来店して、このブログの事を
知らせに来てくれました。
私としましては若い頃からあまり人に褒められたことがありませんので、天にも昇るような気持ちで拝見いたしました。
今度いらしゃった時には是非一声かけてくださいませ、「そば談義」等話し合えたら幸いに存じます。
PM1:30頃からはひまですので・・・・
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM