スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

なみ喜

  • 2006.05.15 Monday
  • 23:59
お昼、ごはんどうするかなーと、次の目的地に向けて車を走らせながら考える。・・・と、そば屋さんを発見!外観もかなりかっこいいし、車もたくさん止まってる。これは美味しいそば屋なんじゃないか!?!?今日はここに決めた。Uターンしてゴー。

今日行ったのは「板そば なみ喜」。北区北24条西13丁目。店内、席はゆったりとした配置になっていて、落ち着いた雰囲気で食事ができる。いい感じだ。

メニューを見ると「ざるそば」等々の他に、聞き慣れない「板そば」というものがある。・・・んんん???なんだコレは???

「板そば」とは、セイロの代わりに板にそばを載せるという山形の郷土料理、のことだそうな。

なみ喜では「板」と「ざる」の違いはというと、量。
「板そば」はざるの大盛りと同程度、「板ちゅう」はざる2人前程度・・・と、なかなか蕎麦屋で満腹になれない成人男性にも嬉しい制度だ。

「板ちゅう」にしたかったけど、初めてで量がどの程度か分からないし、残したら失礼だなあと思い、普通の「板そば」を注文。

写真、割り箸が小さく見える!!!
いやいや、蕎麦の載っている「板」が、とてーも大きいの。これはなかなか迫力があるなぁ。

まず、蕎麦をつゆにつけず食べる。十割そばらしい力強い蕎麦の香り、それと独特のゴワゴワした口ざわり。おおぉ!このゴワゴワ感は初めて!趣きがある♪そして美味しい。個人的な好き嫌いだけで言うとかなりストライクゾーンど真ん中だ。

次につゆを飲む。やや辛口に感じるつゆ。かつおの旨みが辛さを和らげている感じ。これもかなり好きな部類に入る。

蕎麦とつゆの相性もとてもよく、ざる大盛りと同等量という「板そば」を瞬間で完食。美味しかった!!!これなら「板ちゅう」も余裕で食べられただろう。

そうそう、最後に出てくるそば湯。
普通はそばの茹で汁をそば湯として使うのが一般的。でもこのお店では「そば湯用」に1から、別にそば湯を作っているそうだ。
白く濁り、トロントロンになっているそば湯は、これだけでおなかいっぱいになるまで飲みたいと思うくらい。こんなそば湯初めてだ。かなり驚いた!!!!!

周りを見渡してみると、どうやらこちらのお店の名物は鳥天そばらしい。
今度はこれが食べたいな♪
もちろん板ちゅうにも挑戦したい。

もしかしたら好き嫌いがある蕎麦かもしれないけど、オススメ。
かなりオススメのお蕎麦屋さんです。

板そば 700円

さくら

  • 2006.05.10 Wednesday
  • 23:46
鴨そば母親の実家が日高門別(現在は合併により日高町)なので、帰省すると決まってお蕎麦を食べに行く「いずみ食堂」。昔は年越し蕎麦なんかもよくここで食べていたなぁ。

わざわざ札幌から2時間かけて、ここに蕎麦を食べに行く人がいる程の有名店だってことを知ったのは、ずい分と後、働くようになってからのことだ。

なんとその「いずみ食堂」の支店が札幌にもできた!
「手打ちそば さくら」という名前で、「いずみ食堂」の名前を出していなかったから、全然気付かなかったよ。かなりの回数、お店の前を通っていたんだけどなあ・・・。清田区平岡3-3。

「いずみ食堂」でいつも食べている鴨そばを注文する。

ちぢれていたり、ひねらさっていたり、太かったり細かったり、長かったり短かったり。お世辞にも繊細とは言えない、むしろ不細工な格好のお蕎麦なんだけど、このおかげで、噛むとモチモチってする部分があったりブツンって切れちゃう部分があったり・・・一本一本微妙に違う食感になるからおもしろい。美味しい。やっぱり大好きな蕎麦だ。

でも「いずみ食堂」の蕎麦よりも蕎麦の不揃いさに欠ける気がする。遠慮しているのかな?もっと豪快にちぢれて、ひねって、太くって細くって・・・をやってほしいな。

メニューは「いずみ食堂」より若干少なめだけど、2時間かけて行く必要がなくなったね。
これから暑くなる季節だけど、このお店は温かいおそばがオススメです!

鴨そば 900円

続八条庵

  • 2006.05.08 Monday
  • 23:54
かきあげせいろGW明け。
なんだか胃がもやもやしていて、スープカレーをドーンと食べる気分というより、スルスルお蕎麦を食べたい気分。ってか胃、いつも酷使してすまん。。。

西区にいたので、思いついたのが西野二股のところにある「続八条庵」。かなりの有名店でありながら、実は初めて。西野7-3

12時前に店に入るがやや並ぶ。さすが人気店だ。
待っているあいだ、壁に張られたたくさんのメニューを見るのもオモシロイ!
初めて行くお店ではいつも「大盛り」を頼んでいるけど、壁にはってある人気メニュー第一位「かきあげせいろ」が気になる!!注文。

丼にてんこ盛りの極太そばと、これまたドカンと特大のかきあげ。どちらもすんごいボリュームだ。
まずは蕎麦を食べる。極太打ちらしいそば粉の食感とそばの香り。こりゃいい♪それにやっぱりこのボリュームは圧巻。嬉しくてにやけてしまうよ。

かき揚げは、いかげそとちくわを揚げたもの。いかげそのコリコリした食感の中、時々ちくわのふわふわした食感。・・・すごい、このセンスはすごい。単にボリュームだけじゃない、人気No.1の理由が分かった気がする。

今日はカウンターに座らせてもらったのだけど、お昼時の怒涛の注文を、厨房でなんなくこなしていく4人の店員さんの連携プレーにはただただ脱帽。。。いやーすごかった!!!!

これからも頑張ってください。

かき揚げせいろ 700円

わか竹(2)

  • 2006.04.19 Wednesday
  • 23:59
更科せいろ大江別。行ってみたいなーと思っているお店がある。・・・が今日は定休日。シュン。。。
それで「わか竹」というそば屋さんへ。野幌末広町1-6。2回目。

蕎麦の種類は3種類。藪、更科、生粉打ち(十割そば)の中から選ぶことができる。
前回、定番の藪を食べたから、今日は更科せいろの大盛りを注文。

二八で細め、真っ白な更科そば。なかなか盛りもイイ!
蕎麦をすするとスルッと喉を通り、喉ごしは軽快。
ほんのりと蕎麦の甘さも感じることができる。おいしい。

蕎麦蕎麦した味わいではなく、軽めな感じが食べやすい、更科らしいお蕎麦だった。

次は生粉打ちに挑戦したい!

せいろ 577円
更科 +105円
大盛り +210円
計 892円

前回の様子はこちらから

正直庵

  • 2006.04.07 Friday
  • 23:55
南区で一番有名?札幌市内でも有数の名店として知られる蕎麦屋さん「正直庵」へ。行きたかったんだけどなかなか行ける場所じゃないからね、ようやく行けた。南区石山東6-8-2。初。

お店は清潔感があって、女性店員の接客も丁寧で心地よく、いい雰囲気。

初めて来たお店。いつも通りせいろの大盛りを頼もうとメニューを見ると、大盛は+300円!た、高、高い・・・。
それなら違うものを頼んでみようかなと思い、冷たい「おろし」を注文することに。

第一印象、「蕎麦が少ない。」
名店って言われているところは量が少ないところが多いなぁ・・・。

細切りで繊細に丁寧に打たれたことが見て分かるお蕎麦はさすがの一言。まずはつゆにつけずに食べる。おおおおおぉ、これは美味しい!蕎麦らしい香りのするお蕎麦だ。コシというか弾力があり喉ごしも気持ちいい。このままつゆをつけずに完食してもいいと思える程!!!!
次につゆを一口飲む。辛口ですっきりキレのあるつゆ。それでいて適度なコクを感じる。
さぁつゆにつけて蕎麦を食べる。辛口のつゆが蕎麦の香りを引き立て、喉ごしを加速させる。このまま一気に食べたい気持ちだけどそうはいかない。

何故なら今日頼んだのは「おろし」。
そう、大根おろしがまだつゆに投入されていないのだ。

辛味大根のおろしをたっぷりとつゆに入れる。
一緒にかつお節、ネギといった薬味も入れて蕎麦を食べる。
おろしのすっきりした爽やかさがたまらない!!!
それにしてもこの辛味大根のおろし、かなり辛い。
いや、相当辛い。
普段スープカレーを食べ、辛いものには慣れているはずの僕でも(もちろん辛さの種類が違うけど)かなり辛く感じた。

本当に美味しかった。
名店と言われるのも納得。

久しぶりにそばランキングに変動ありか???

おろし 940円

から澤(2)

  • 2006.04.03 Monday
  • 23:54
蝦天とじ新年度が始まりましたね。
転勤や異動などで、ブログが続けられなくなった、という方もいらっしゃるようですが、僕はどうやら続けることができるようです。なのでこれからもよろしくお願いします。

さあ本編。4月に入ったというのに雪が降ってかなり寒い。温かい蕎麦が食べたくて、地下鉄南平岸駅徒歩1分の「そば茶屋 から澤」へ。2回目。

引き戸をカラカラ開けたとたん、むわむわっとした湿気!!!限りなく湿度100%に近いんじゃないか!!!そういえば前回来た時も同じくらいすごい湿気湿度で、でもあまりにもすごいから、その日たまたまのことだろうと思ってここには書かなかったんだ。毎度のことなんだね。たまらん。。。

温かい蕎麦の中では好きなとじそば。それに今日はプチ豪勢に(新年度初日だし)エビをプラスして「蝦天とじ」を注文。

大きな丼一面に卵とじ。
その端っこに埋もれたエビのしっぽがかろうじて見える。

しっぽがちょっとしか見えないだなんて、見た目がよくないじゃないか。。。

とりあえず蕎麦を食べようと丼に箸を潜らせるとコツン。固いものに当たる???
と、思ったら完全に埋まっていたもう一匹の蝦天を発掘した!
わっ!一匹だけだと思ったから思わぬサプライズ!嬉しい誤算だ。

この蝦天、大きさもそこそこ。食べるとプリッ!プチンッ!とした食感。美味しいね。つゆに浸されフニャフニャになった衣もよかった。

前回と変わらず、お蕎麦はきれいな黒い色。
このお蕎麦を見るためだけに1度来るのもありかもね。

今日一番気に入ったのは「卵とじ」。ふかふかのふわふわ。蝦天が沈んでしまうのも納得の圧倒的ボリュームで美味しかった。

それにしてもすごい湿度。額、汗でビッショリだよ。なんとかならんかね。

蝦天とじ 950円

前回の様子はこちらから

なか卯(3)

  • 2006.04.02 Sunday
  • 14:47
地元の友達と飲んだ帰り。ラーメンでも食べて帰ろうか!と、なったけど時間も遅いし近くに開いているラーメン屋もないし・・・。それで「なか卯」で〆ることに。こんな時24時間営業のお店は頼りになる。

普通に肉うどんか、きつねうどんかを食べるつもりだったんだけど、季節限定のとんでもないメニューを発見!ト、ト、トマトうどん?!?!?
「ななっなんじゃこりゃ〜!!!」早速注文。

おおおおおぉぉぉぉぉ!!!彩りは良いものの、丼が汁で満たされていないため、ボリューム感の無さは過去最強!!!

つゆがない!と思ったけど、見るとうどんの下に僅かのつゆがあって、つまり「ぶっかけうどん」に、乱切りの(一部ペースト状の)トマト、鶏のそぼろ、茹でたほうれん草、白髪ネギをトッピングしたようなものだろう。
うどんをかき混ぜるとたちまち湯気が立ち上がり、実は温かいうどんだと気付く。食欲をそそるナイスパフォーマンス。ってかそれまでは冷たいうどんだと思っていたのさ。

トマトの酸味と鶏そぼろのコクが、ホクホクのうどんと合っていて、味も悪くない。
・・・てかこれはパスタだわ。うどんで作ったパスタ。

面白いと思う。けど見た目通り腹は満たされない。そんな感じ。

トマトうどん 450円

札幌蕎麦 き凛

  • 2006.03.31 Friday
  • 23:59
せいろホーマックやスポーツデポがある鉄東ショッピングセンターの一角にある「十勝豚丼 いっぴん」と、先日紹介した「道とん堀」の間にあるおそば屋さん「札幌蕎麦 き凛(きりん)」は、「いっぴん」と同じくタレのソラチ(ソラチジンギスカンのタレでおなじみ♪)が経営するおそば屋さん。北9東4。初。

お店に入ると中は、思った以上に狭い。ちょうどお昼の12時を回った頃だったから席は満席でごった返していた。
そのせいか水を持ってきたり注文を聞きにくるのが遅い。んんん、、、ちょっとスマートじゃないなぁ。。。

お蕎麦は3種類。
外二蕎麦(蕎麦粉10:つなぎ2)の「細切り」、二八蕎麦の「更科」、十割蕎麦の田舎。

いつも通り初めて来たお店だから店で一番ノーマルなものを頼む。なので、「細切り」のせいろを注文。あ・・・大盛りにするの忘れてた。ショック。。。

タレの専門店が経営するお蕎麦屋さんだから、やっぱり気になるのは蕎麦よりもむしろ、つゆの方。
一口飲んでみると若干辛め。返しがまろやかに馴染んでいて、出汁の味を引き立てているのがわかる。

外二の蕎麦の「細切り」は、細切りというにはやや太め。外二らしい蕎麦の味わいとツルンとした喉ごしがよく、なかなか美味しいお蕎麦だった。

お店の名物は「鴨せいろ」らしく、頼んでいる人が多かったから、今度来たときは食べてみたいなぁ。

ただ、良くないなぁと思ったことがあって、
・そば屋にしては注文してから出てくるのが遅い。(まぁ昼時だからしかたないかもしれないけど)。
・厨房の出入り口とレジとお店の出入り口が近すぎてゴチャゴチャしていた。
・つゆが少ししか入ってなくて、食べ終わる頃にはほとんどない。おかげでそば湯がちょっとしか飲めなかった。(まぁつゆは追加してもらえばいいのだろうけど。)

今度はお昼時をはずして来よう。

細切り せいろ 630円

叶庵(11)

  • 2006.03.30 Thursday
  • 23:41
とりもつ平岸。行ったことがないスープカレー屋さんがあるから、今日はそこに行こうと考えていたのに、あれよあれよと時間は15時。はぁーもうランチタイム終わったんだろうなー。。。

通し営業をしているお店・・・で思い出したのが豊平の叶庵。前はよく行っていたはずなのにそういえばかなり行ってない。調べてみると5ヶ月振り。11回目。

食べたいものは決まっていたから、メニューを見ずに、席に座るか座らないかの光速のタイミングで注文。
もちろん頼んだのは「叶庵」に行ったら食べたい「とりもつそば」を手打ちで。

わわわっ!すごい量だ!!!こんなにてんこもりだったけか?

ハツ、砂肝、小腸・・・、とにかくたくさんの部位のたくさんの量のもつが、丼の下のほうまで蕎麦に絡まりながら入っているこの「とりもつそば」。・・・圧巻の一言。

食べても食べてももつが出てくるから、アゴが疲れたよ。。。

美味しかった!
「とりもつそば」は、叶庵でしか食べられないスペシャリテ!
今日も最高に満足。
僕が知る限り、札幌蕎麦最強のスタミナ料理じゃないかな。

とりもつそば 840円
手打ち +100円
計 940円

前回の様子はこちらから

思君楼 恵みの店(8)

  • 2006.03.28 Tuesday
  • 23:59
恵庭に行ったら何も考えずに思君楼へ行ってしまうのを避けようと、前回はスープカレーを食べに「ビートル」へ行った。

でも今日はまた「思君楼 恵みの店」へ行ってしまったよ。まぁ3ヶ月振りだしイイじゃないか。8回目。

ここの基本、超極太の太打ちのお蕎麦ではなく、一番好きな「黒細打ち」というお蕎麦で大盛りを注文。

黒細打ちは、これだけ細いのに太打ちと変わらない力強い香り、力強い味わいが楽しめて、且つ、キリリと締まった細打ちならではの食感、喉ごしも楽しめる逸品だと思う。
やっぱり美味しいなぁ。
次は+250円の石臼挽きのお蕎麦も食べてみようかな。

恵庭に行くと何も考えずに思君楼に行くのは、まだまだ続きそうだ。

大盛りそば 580円
黒細打ち +70円
計 650円

前回の様子はこちらから

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM