スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

一忠(2)

  • 2007.07.31 Tuesday
  • 23:59
釜揚大最近やけに「一忠のうどんが食べたいなー」と思うことが多くて、今日はお昼時に近くにいたから迷わず行くことに。「釜揚げうどん 一忠」トイザらスの並び、西区発寒14条3丁目。1年振り、2回目。

一枚板のテーブルと、丸太のイス。
飾りっ気が無くて素っ気ない、シンプルな店内は本場四国の讃岐うどん屋を彷彿させる。
…と言っても、四国に行ったことはないのですが何か?

メニューは2種類のみ、
温かいうどんの「釜揚げうどん」と、
冷たいうどんの「細ざるうどん」。

外は暑いがここではもちろん「釜揚げうどん」を食べるに限る。いや食べなくてはいけない。「釜揚げうどん」の大を注文。

うどんが茹であがるまでに12分。
新聞を読んだり、生姜をすりおろしたりして待つ。

さぁやってきた釜揚げうどん。
みずみずしくてつやつやしていて本当に美味しそう♪

まずはつゆにつけずにうどんだけをすする。
もちもちとしてコシがあって、美味。1年前に食べた味の記憶が一瞬で蘇る。

つゆにつけて食べる。
ダシがよくきいたつゆは旨い。思わず唸りたくなる旨さ!!!

さっき待ち時間にすった生姜をいれて食べると、
つゆとうどんの風味がグッと引き締まってより好きな味になって美味しかった!!!!

さすが「一忠」。
大大大大大ファンです。

釜揚げうどん 大 650円

前回の一忠の様子はこちらから


++++++++++++++++++++
札幌100miles内、

嗚呼!!されど札幌青春ごっこ」更新しました。こちらもよろしくです。

さくら庵

  • 2007.07.27 Friday
  • 23:59
冷やしたぬき円山。
前から行きたいと思っていたおそば屋さん「さくら庵」へ。中央区南5西24。初。

閑静な住宅街の中にある「さくら庵」。
お店の前を通ったのに、はじめは気付かずに通り過ぎてしまう。。。

何故ならのれんも看板も掲げていなくて、ひっそり表札があるだけだから。
外観もまるで蕎麦屋とは思えない、隠れ家のようなステキ加減。

入口をくぐると飛び石を渡って店内へ。
清潔で落ち着いていて上品で、まるで日本料理のお店に来ているよう。

初めてのお店なので、「大盛り」を食べるつもりだったのに、大盛りはプラス300円と知って気分が萎える。300円ってのは庶民の味方じゃないなぁ。。。「冷やしたぬき」を注文。

さくら庵の冷やしたぬきは、天かす、揚げた海苔、そこにちょんとかいわれがのっただけのシンプルなもの。店の雰囲気によくあった上品な冷やしたぬき。

白い色をしたお蕎麦は、でも更科のようにまっ白な色ではない。更科粉の他に、少し並粉なんかも入っているのだろうか??
食べてみても、味や口に当たる感覚に並粉っぽさを感じる。
なんてウンチクはどうでもよく、食べやすく喉越しも良好でとても美味しい!

天かすは揚げたてなんだろうか?(厨房からパチパチと油の音がする)ジューシーな、「今天かすになりました」というような天かすでよかった。

…うむむ。
やっぱり初めてのお店ではまっさらなセイロのお蕎麦が食べたかった。。。
美味しかっただけに後悔。。

それにしてもステキなお店!
エライ人を連れてきても喜びそう。

冷やしたぬきそば 850円

加賀屋

  • 2007.07.26 Thursday
  • 23:59
大盛今日は蕎麦でも食べたいなーと考えていたら、偶然前を通った「加賀屋」というそば屋さん。

そうだそうだ!以前からよく店の前を通っていて気になっていたお店なの。入ってみよっと♪北13条通り沿い、白石区北郷2条7丁目。初。

初めてのお店。いつも通り、大盛りを注文。

やや色の白い、中細のお蕎麦。量もなかなか!!
まずはつゆにつけずにすすってみると、ややゆるめの食感、のどごし。おいしい。

次につゆを飲んでみる。
濃い目であるがほんのり甘い。
削り節の香りとかえしの風味もよくてかなり美味しい。そして工夫を感じる。

そば湯も美味しくて完食!!

飛び込みで入ったお店だけど、それなりに満足。

もりそば 550円
大盛り +150円
計 700円


+++++++++++++++++++
札幌100miles内、

嗚呼!!されど札幌青春ごっこ」更新しました。こちらもよろしくです。

思君楼(2)

  • 2007.07.19 Thursday
  • 23:59
天もり恵庭。
珍しく「思君楼」の本店へ。
…というのも、恵みの方面ではなく、旧道の方にいたから。恵庭市本町53。11ヶ月ぶり。2回目。

今日は会社のお金でゴチになります!
「大盛り」が食べたかったのに、周りが「天ざる」を注文するので、空気を読んで天ぷらを食べることに。それでもやっぱり、お蕎麦に海苔のかかった「天ざる」は食べたくなかったから、「天もり」を注文。

船の形をした器に盛られた「天もり」。情緒溢れる演出でいいよね、こういうの!
太くて豪傑な思君楼のお蕎麦は、食べると力強い香り、歯ごたえがして、たまらなく美味しい。これはもうさすがの一言!!

天ぷらも揚がり具合、火の通り具合、結構好きな感じでよかった。

でもやっぱり、


蕎麦屋では蕎麦が食べられれば、それで十分。

もりそばが一番好き!!


天もり 1000円(ゴチになりました)

前回の思君楼本店の様子はこちらから

ツタ屋

  • 2007.07.17 Tuesday
  • 22:21
大盛昼だ。何食べよ。
でもあんまりオナカヘッテナイ…。

そんなときはお蕎麦がちょうどいい。

発寒あたりを車でフラフラしていたら、
いつの間にやら西町まで来てしまった。
(ちなみに午後から行こうと思ってたのは真逆方向。とほほ。。)

大きな通り沿いにあって、前から気になっていたおそば屋さん、「ツタ屋」へ。西区西町南7-2-23。初。

木目調の内装。BGMはジャスで、しっとり落ち着いた雰囲気。
焼酎がたくさん置いてあって、メニューには「蕎麦屋の酒の肴」系料理が多々並ぶ。焼酎飲みながらお蕎麦ってのもイイなぁと妄想…。

初めてのお店なのでもちろん、「大盛り」を注文。

せいろ(…と呼んでいいのかな?)がナイスパフォーマンス!
こうやって見せ方を工夫するって、すごくいいなーと思う。

色の白い更科のお蕎麦。けど、更科にしては蕎麦が太い。
更科と言えば圧倒的に極細が多いからね。

ズルズルっと食べると、蕎麦の香りは強いし、食感もあって、なんだか色の黒い蕎麦を食べているような不思議な感覚。二八よりもつなぎの多い三七の蕎麦くらいの感じかな。少し食感がもちもちし過ぎているのが気になる。

つゆはかつお節の香りが引き立つ、淡いつゆ。そばの味を邪魔しない味わいで、「お前イイ女房役だなぁ」と好感度大。

量も多くておなかいっぱい。
なのにお値段578円。オシャレ系ソバ屋さんだから、もっと高い値段だと思ってたからビックリ!!

やっぱりこれくらいの値段で蕎麦が食べられるのって、とっても嬉しい。

もりそば 473円
大盛り +105円
計 578円

注:「ツタ屋」ですが、もちろんビデオのレンタルはしてません。あしからZ。

三与右衛門

  • 2007.06.26 Tuesday
  • 23:59
冷やしたぬき夜中まで仕事があるため、会社の経費で夕食が食べられることになりました。

街中。せっかくの機会だから、気になっていたが、なかなか行けずにいた蕎麦屋さんへ行こう。

ジャンボ1000の、電車通りを挟んだ向かい側の角にある蕎麦屋さん「陣屋 三与右衛門(みよえもん)」へ。中央区4西6 六華ビル1F。初。

「三与右衛門(みよえもん)」は函館に本店を持つお店らしい。
小上がりが4卓くらい、カウンター席が6席くらいあったかな。
木の感じが明るくて、清潔感がある店内だった。

初めてのお店ではいつも「大盛り」なんだけど、会社のお金だから少し高いものを食べよう。そうなんです。貧乏性なんです。てへ。

「冷やしたぬき」を注文。

隣に座ったスーツ姿のサラリーマンが、ビールと板わさで一杯。

…あぁ羨ましい。
これから仕事じゃなければ、負けじと追随したのにぃなぁぁぁ。。悔しい。


さぁ、でてきた冷やしたぬき。
キメの細かい、繊細な天かすと、
荒々しく手でちぎって、豪快な海苔の対比が面白く、食欲をそそる。

蕎麦は中細の二八蕎麦。
食べると喉越し、香り、どちらもかなり良い。

申し訳なかったがあまり期待していなかったので、正直びっくり。
でも嬉しいびっくりだ。

海苔が北海道産の、厳選された海苔のようで、風味が強くて美味しかった。

後半、やや蕎麦が粉っぽくも感じたが、
ボリュームもあってとても満足。


…さぁ、夜まで仕事頑張ろう!!

冷やしたぬき 750円

東家寿楽

  • 2007.06.22 Friday
  • 23:59
大盛お昼、円山。
ちょうど今日買ったポロコの7月号が「円山ブランドの引力」という円山エリアの特集。

そうそう、リューニュアルしたポロコの表紙、
今までの表紙とは全然違ったものになっていて、女性ファッション誌みたいな表紙になっていた。おかげでこれがポロコだとは全然気付かず、見つけるのに時間がかかったよ(苦情!)

パラパラ読んでみるけど・・・なかなか気分と合致する店が見つからない。。。
読み進めているうちに後ろの方に小さく「東家寿楽」の記事を発見!

あ。そういや寿楽には行ったことがないや。忘れてた。行ってみよう。中央区北2西27。初。

「東家寿楽」は釧路の名店、東家竹老園から分家して、大正7年に創業したという老舗中の老舗。

12時過ぎという激混みの時間ではあるがこの店は大丈夫。
だって駐車場20台以上。座席数100席だから!!

店に入ると和服を着た女性陣に迎えられる。
みんなテキパキと動いていて(それもムダな動きなく冷静に!)、どんどん入ってくる客を見事にさばいている。さすが!と感心。

初めてのお店だからいつも通り、盛りそばの大盛りを注文。

今まで見たことがない程に大きなセイロは、朱色でなんとも艶っぽく、老舗の風格というか粋を感じる。

この朱色に対比する真っ白な更科のお蕎麦。
食べてみると喉越しよく、つるりとした食感も心地いい。
ややコシが強く、つなぎが2割以上入っているかなという感じ。

つゆは中濃、辛め。
返しを珍しい「半生返し」の方法で作っているそうだ。

更科の細麺の蕎麦で感じることが多い、
食べごたえの無さというか物足りなさみたいのを全然感じなかった。
そばとつゆのバランスがいいのかな?

「いいお店、美味しいお店」であるのは間違いない!

今度更科好きと一緒に行こうっと♪

セイロそば 578円
大盛り +157円
計 735円

道頓堀 今井

  • 2007.06.17 Sunday
  • 23:59
きつね東急百貨店で行われている「第2回 いらしゃ〜い ナニワなサッポロ 大・大阪博覧会in SAPPORO」へ。

会場は人、人、人でごったがえしていて、ムンムンと蒸し暑い!!!

おまけに大阪らしく、たこ焼き、お好み焼きといった鉄板焼き系の実演販売が多いから余計に熱気がムンムン!でもこの暑さはとっても大盛況な感じが伝わってきてテンション上がる♪

一通り見て回り、買い物も済ませたあとはイートインコーナー。
今回イートインで出店していたのは「道頓堀 今井」といううどん屋さん。
「きつねうどん」を注文。

透明なつゆ。それにドテンとした揚げが2つ。
つゆを飲んでみると出汁がよ〜く利いていて旨い!!
そして揚げがそのつゆをよ〜く吸っていて、食べるととめちゃくちゃ甘くって美味しい!!!

つゆの最後の一滴まで残らず飲み干す。美味しかったぁ〜!!!!

きつねうどん 683円

そりおい

  • 2007.06.14 Thursday
  • 23:59
大盛平岸街道沿い。
ひんぱんに通る要所にあって、気になっていたお店だけど、「要所」だけに車の通りも多く入りにくそうと敬遠していたおそば屋さんがある。

今日は時間もあるし、他にお店も思い浮かばないし行ってみることに。
豊平区平岸3-15.「そば処 そりおい」。初。

お店は古く、まるで「お蕎麦の教科書」に載っていそうな程の、昔ながらのおそば屋さん。でも、とても清潔にしていて、イヤな感じがせず、好感がもてる。

初めてのお店では「大盛り」と決めている。注文。

そばは細い。二八かな。表面がテカテカしていて食べるとツルツル。
細くてツルツルだから、一瞬でノドを駆け抜ける、心地良いそば。うん、イイ。

つゆはやや甘め。中濃。
返しとだしがよく馴染んでいて、まろやか。

そばだけ、つゆだけ、で、食べた時は普通かなと思ったけど、ちゃんとそばをつゆにつけて食べてみると、相性の良さがよくわかる。ほんのりそばの旨みが伝わるのだ。これは旨い!!

もうちょっと量が多いと嬉しいかな。

ちなみに「そりおい」というのはご主人の地元から見える山の名前からとっているとのこと。どんな意味かなーと思っていたけどそういうことなのね。

もりそば 500円
大盛り +200円
計 700円

  • 2007.05.29 Tuesday
  • 23:59
納豆うどん国道36号線を走っていると、美しが丘のコーチャンフォーの向かいくらいに見える、

「手打ちうどん」、「本物を追求」

と書かれた看板が目立つから、店の前を通るたびに気になっていたうどん屋さんがある。

なかなか行けるタイミングがなかったのだけど、
千歳までのらりくらりと行く途中、ついに寄ってみることに。

だだっぴろい、一見空地のような駐車場に車をとめて店の前に立つ。


「手打ちうどん処 杉」っていう名前の店だったのね!初めて知ったよ。清田区里塚1条1丁目2−20。初。

外観からイメージしていたものとは違う、
清楚な和風な店内。情緒があっていい。

いつもなら、初めてのそば屋さん、うどん屋さんでは「盛り」を頼むけど、
最近のマイブーム「納豆」の、納豆うどんを注文。

それにしても接客してくれるお父さんの柔らかいやさしい雰囲気は、ほのぼのとして好感度大!

さぁうどん!
うどんと一緒に温かいかつおダシの入ったモノが。

つゆが濃い場合はこれで薄めて、そして食べ終わった後は「そば湯」のようにつゆを飲むのに使ってくださいとのこと。

うどんはコシが強く、ツルリとした食感も心地いい。
うん、讃岐らしい美味しいうどんだ。

食べ終わった後には、説明していただいたとおりにかつおダシでつゆをいただく。
カツオの旨味がつゆによくマッチ!!まろやかで美味しいー!!

うどん屋さんってあんまり知らないから、
こうやって美味しいお店を知ることができると得した気分♪

是非温かいうどんも食べたい!

納豆うどん 700円

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM