スポンサーサイト

  • 2012.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

拉麺 シン

  • 2008.07.14 Monday
  • 23:59
赤つけ麺実は前から狙っていた澄川のラーメン屋さん「拉麺 シン」のつけ麺!
会社の同僚を連れてゴー!南区澄川6条3丁目5-21。初。

食べたかったつけ麺はスープが2種類あって「赤」と「黒」。基本スープという「赤」を無難に選択し注文。すると、
「すいません、つけ麺用の麺を切らしているので、ラーメン用の麺でつけ麺を作っていいですか?」と聞かれる。

「えっ!!それって麺が全然違うじゃん。美味しいの??大丈夫??」
と頭をよぎるがつけ麺を食べたくてここに来たんだから仕方ない。承諾してしばし待つ。

赤のつけ麺は「拉麺 シン」の人気メニュー「シン辛ラーメン」のスープをアレンジしたという辛味噌スープ。真っ赤なスープは見た目が辛そうで食欲をそそるね!
食べてもなかなか辛くって、濃厚複雑なスープで、なるほど人気がありそうと納得。

でも・・・、
でもやっぱり、このスープと、ラーメン用の麺で「つけ麺」ってのは無理がある。
まったくもって合わず。残念。

スープ割りをしてもらったスープは、まだまだ劇的に濃い味すぎて全く飲めず。ダメた。今日はフィーリングが合わない。。。

同僚が食べた黒のつけ麺(スーラータンスープ)を一口もらったんだけど美味しかった。
夏バテして食欲が無い時にも食べられそうなつけ麺だった。

もし今度来る機会があれば、「つけ麺」用の麺があることを願う。

赤のつけ麺800円

あらとん(3)

  • 2008.07.09 Wednesday
  • 23:59
つけ麺お昼は何を食べよう・・って自分でも何が食べたいんだかよくわからない。。困ったなぁ。
午後から行く方面へ車を走らせていたらふと、「あ。『あらとん』にでも行こうかな。」と閃く。桑園の中央卸売市場へゴー。中央区北10条西21丁目15-4 札幌場外市場食堂長屋。11ヶ月振り、3回目。

行ったのが2時前くらいだったから、それほど混雑はしてなく、でもかなりの人がいてビックリ。さすがだね。大人気だね!あ、それと事前に券売機で食券を買うシステムになっていたね。これもビックリ。

注文したのはもちろん「つけ麺」。大々々々好物でございます。

店名にもなっている魚の「あら」のワイルドな香りや味と、「豚(とん)」や鶏からとったスープの旨さ。ひさしぶりに食べるけどやっぱり最高に旨い!!!!

極太の麺との相性はそりゃあもう抜群。麺が旨い旨い。スープが旨い旨い!!!

麺を食べ終わった後はスープ割をしてもらう。
これもちょうどいい濃さに割ってくれて、すごく美味しかったなぁ〜〜。
1番好きなつけ麺のお店のひとつ。今日も満足満足。

つけ麺 750円

前回のあらとんの様子はこちらから

らぁめん道場 極

  • 2008.07.02 Wednesday
  • 23:59
鶏塩つけ麺今日は絶対つけ麺が食べたいと思ったけどお店が思い浮かばない。それでつけ麺に詳しい先輩に電話して相談。西岡につけ麺のお店ってありましたっけ??

確かあそこはやってたような(自信ナシ)・・と教えてもらったのが「らぁめん道場 極(きわみ)」豊平区西岡4条9丁目グリーンヒルシャトー1F。初。

「つけ麺」と大きく壁に貼り出してなくて、メニュー表にもひっそり載っていたから、はじめは存在に気付かなかった。でも確かにありました!「鶏塩つけ麺」というつけ麺!!さっそく注文。

麺はかなり細い縮れ麺。小林製麺だったかな。
今まで何軒かでつけ麺を食べて来たけど、一番細い部類に入る細さだ。

スープにつけて食べると、・・・なるほど麺が細いから、冷たいのが一瞬だけ熱いスープにくぐらせただけで、熱々の麺に早変わりして美味しい食感。

そしてこの鶏塩スープが、本当にうま〜〜〜〜い!!!!
丁寧にとられたであろう鶏の旨味と、絶妙の塩加減が最高!!
この塩、しょっぱさの中に、深い甘み、コクを感じられて、本当に美味しい!!

麺とスープの絡み、相性も抜群で、
「あぁ美味しい!」って思わず言葉が漏れる。

半分に切られたゆでたまごの上にはゼリー状の「煮こごり」がのっていて、旨味が凝縮!コラーゲンたっぷり!美味しいなぁ。

とにかく「塩」が印象に残った。美味しかった。
是非是非また来たい!

鶏塩つけ麺 800円

虎鉄

  • 2008.06.12 Thursday
  • 23:59
つけ麺今日はマイブーム継続中の「つけ麺」を食べよう!!
みなさんもう食べてみましたか??

篠路にいたので、以前から行ってみたいと思っていた人気店「麺屋 虎鉄」へ。いつも駐車場が混んでいるイメージがあったんだけど、時間が14時前だったせいもあってか、一台も車が駐車していなかった!ラッキー!!北区太平7条5丁目2-5。初。

カウンター席とテーブル席が2卓・・じゃなく、カウンター席と小上がり席が2卓という、珍しい間取りのラーメン屋さん。小上がりって「家族で利用する」というイメージがあるせいか、ラーメン屋さんなのに妙にほんわかとした雰囲気になる。

標準の麺の量が300gなんだけど(この時点でかなり多い!)、今日は気合いをいれて、大盛りに相当する400gにチャレンジ!!

茹で上がりに時間がかかると断られて待つことしばし。
やってきた「つけ麺」は、驚きの超極太!確かにこれだけ太ければ茹で上げの時間がかかりそう。

極太の麺は歯ごたえがすごく「食べてる!」って感じがする。
それも顎が痛くなるほどで、なんでこんなに太い必要があるの???と疑問に感じてしまうくらい。

スープは豚骨ベースの、濃厚なこってり系。・・・が、この強烈な超極太麺に完全に負けているんじゃないかと思う。お好みでつけ合せの魚粉を入れて味を調整できるんだけど、まだまだパンチが足りない。つり合いが取れていないというかしっくりこない。。
もうちょっと何かあればイイ感じの好きな味になるんだけどなぁ。。

麺の量、400gというのは大満足。よかった。

実は会社の近くにも支店があるんだけど、そちらもなかなか行けずもどかしい気分。(そして7月24日現在、今回ご紹介したこの太平の本店は閉店して、川沿に移転したんだって!うちから近くなるから嬉しいなぁー♪)

つけ麺 400g 900円

たけ蔵

  • 2008.04.11 Friday
  • 23:59
清田。
カレーか蕎麦か、はたまたハンバーグか・・。
色々お店は思いついたんだけど、結局今日食べることにしたのはマイブーム中の「つけ麺」。

南郷18丁目から清田方面に少し上がったところにある「ラーメン専科 たけ蔵」というお店へ。清田区北野7条1丁目5-7。初。

のれんにまたまた「さがみ屋製麺」の文字を見つけた!
少し前に行ったここや、ここと一緒だ!!最近「さがみ屋製麺」によく出会う。・・・というか、今まであまりラーメン屋さんに行ったことがないから、製麺所のこと、ちゃんと意識していなかっただけかな?とにかく美味しいなぁと思う製麺所。だから今日も期待大だ!!

このお店は「合わせみそ」のラーメンが一番人気らしい。けど食べたいのはもちろんつけ麺。「たけ蔵」のつけ麺は、「つけ麺大王」という豪快なネーミングがされている。(あまりにも美味しくて、つけ麺界の大王だからって意味なのか??)スープは「醤油」、温かいor冷たいで選べる麺は「冷たい」方を注文。

麺は太くって黄色い、ぷりっぷりのちぢれ麺。
その上に茄子、ゆで卵、海苔なんかがかかっていてプチ豪華♪
スープは濁ったこげ茶色をしていて、チャーシューなんかも中に入ったもの。

さっそく食べてみると、やはり麺が旨い!!!!「さがみ屋製麺」は最高だ!!!!
スープはとんこつベースで、あんまりこってりしすぎていない、まろやかなスープ。スープと麺はよくからんで食べやすいなぁと思った。

さすが大王!いい仕事してました。

つけ麺大王 醤油 冷盛 750円

追風丸

  • 2008.03.31 Monday
  • 23:59
つけ麺新発寒あたりをウロチョロ。
お昼どうしようかなーと思った時思い出したのが、追分通り沿いにポツーンとある一軒のラーメン屋さん。確かあそこって「つけ麺」があるはずだったよな・・行ってみよう!!「北海道ラーメン奥原流 本店 追風丸(はやてまる)」。手稲区新発寒5条1丁目。初。

「奥原流」というのは、市内に何店かある人気店「久楽(くら)」なんかもそうで、「追風丸」は、関東や沖縄にまでも店を出しているという、今、最も勢いのあるラーメンチェーンのひとつだろう。
しかも「奥原流 本店」のこの店では製麺もしていて、全国の「奥原流」で使用する麺は全てここで作っているそうだ。スゴイね!

店に入ってメニューを見る。・・が、あまり意味が無かった。
だって「つけ麺」を食べるって初めから決まっている!「つけ麺」を注文。

ここのつけ麺は、チャーシューやゆで卵などが、麺と一緒に盛りつけられている。いろどりが良くて見た目が美味しそう。
見た目の問題だけじゃなく、つけ麺のスープはラーメンのスープよりもかなり濃い目に作られているから、この濃い味がチャーシュー等々に移るのがイヤという機能的な理由もあるのかな?

麺は中太の黄色いちぢれ麺。冷たくて、ギュッとよく締まっていて口当たり良くて食べやすい。

スープは白味噌味がベースのこってり系。
とんこつのまろやかなコクと、ゴマの風味、香味野菜のフルーティな香りが、バランスよくなじんでいて、美味しい。ゴマに「いい仕事してるな!」って褒めてやりたいよ!
ラーメンのスープに近い味で、ラーメンのスープをつけ麺用にマイナーチェンジにしたようなスープの感じがするから、
「ラーメンはとても大好き!でも、つけ麺は抵抗があってまだ食べた事が無い!」
という人でもすんなり食べられそうなスープだと思った。

不満はちょっと麺が少なく感じたこと。もうちょっと食べたかったなぁ。
でも美味しかったしトータルではとっても満足!!

・・が、午後。
なんだが軽い胸やけを感じる。
これはスープの脂だな。やっぱり俺、こってり系スープは苦手かもなー。
とほほ。。。

つけ麺 750円

凡の風

  • 2008.03.29 Saturday
  • 23:59
つけ麺塩市電「西線9条駅」・・というのは「ロッテの大きな看板があるところ」と言えばわかるかな?
その近くの、ライスにトンカツがのったボリューム満点のスープカレーが有名なお店に行くと、なんと「長期休業」の張り紙が。…あぁこの流れはこのまま自然消滅で閉店してしまうパターンだなぁ・・残念だ。スープカレーマニマの間で評判よかったし一度食べてみたかった。

それならと、ここから近い、古民家風の造りで人気急上昇中のスープカレー屋さんに行ったなら・・予想通りの大々行列。30分以上待ちそうだ。さすがにそんなに待てない。断念。残念。

それならと、ここから近い「凡の風」というラーメン屋へ行く。
塩ラーメンが有名な店であるが、最近は「つけ麺」も美味しいと話題のお店。中央区南9条西15丁目1-5。初。

この場所は昔、「アジア香菜 蓮」というスープカレー屋さんがあったところだから、そんな雰囲気の店内を想像してお店に入ったのに、しっかり改装していて厨房が突き出したカウンター中心のラーメン屋さんらしい間取りの店に変わっていた。
「変わるもんだねぇ〜」と一人で感心♪

ここの名物は塩ラーメンと知っているのだけど、最初からの予定通り「つけ麺」を注文。

さぁ運ばれてきた「つけ麺」。
麺は黄色くっててちぢれている太麺。「さがみ屋製麺」というところの麺だそうな。
麺だけで食べてみると、小麦の味がふわりとして美味!!
これは麺だけで全部食べられるなと思うほどに美味しい。
きっとラーメンには使わない「つけ麺」専用の麺だろう。たぶんこの麺でラーメンを作っても、良さが生きないというか美味しくないだろうと思う。

そしてスープ。
バジルが浮いている半透明のスープ。まるでコンソメスープのよう。
少し飲んでみると確かにコンソメスープ!!・・なんだけど、それに魚系の旨味を効かしているのかな。「イタリアン」の味じゃなくて、確かに「つけ麺」のスープの味になっているのだ!お見事!!!!

麺との相性も抜群で、スープの美味しさが麺を、麺の美味しさがスープを引き立てている。本当に美味しい!!!

トッピングの半熟ゆでたまご(1/2)がこれまた絶品!!!!
「嗚呼このゆでたまごを作った人、僕のお嫁さんになってください。」
思わずそう思ってしまったほどに絶品だった。これはきっとラーメンにも入っているかな?皆さんにも是非一度食べてもらいたい。必食だと思うゆでたまご。

麺を食べた後、スープ割りをしてもらう。
絶妙の、ちょどいい味加減で、こ、これも絶品の美味しさ!!!!
もはや言うことなし。

この後一日中、美味しさの余韻にひたっていたよ。

美味しかったなぁ。
ただただ、美味しかったなぁ。

「つけ麺」本流の味ではないかもしれないけど、
確かに美味しかった。

つけ麺 塩 750円

「つけ麺」があまりにも好きすぎて、「ラーメン」カテゴリーから独立して「つけ麺」カテゴリーを作ってしまいました。作ってしまったからには飽きずに食べ歩きたいと思いますのでよろしくお願いします!
あとつけ麺の情報もお願いします。全然お店知らないので。

梁山泊

  • 2008.03.24 Monday
  • 23:59
醤油最近気になっている食べ物。それは「つけ麺」。
まだ2軒(あらとんおうぎ屋)でしか食べた事がないけれど、その美味しさと、目新しさ(・・と言っても東京あたりじゃブームが去っているらしいですが・・)で、とってもお気に入りになっているわけです。

今日は仕事で近くまで行ったから、「梁山泊」というつけ麺が評判のお店へ。ここはよく店の前を通っていて、前から行きたいと思っていたお店。北区北18条西5丁目。初。

時間は12時半。混んでいるかなと思ったけどそうでもない。タイミングがよかったのかな?とにかく座れてラッキー♪

カウンター10席ほどにテーブル席が1つの小さなお店。
メニューには「ラーメン」と「つけ麺」があって、「つけ麺」も通常のラーメン同様、スープを味噌、醤油、塩、辛味噌などから選べるということなので「醤油」を選択して注文。はじめは「味噌」がいいかな?と思ったけど、東京が発祥の「つけ麺」だから、まずは「醤油」からかなと思って「醤油」を選択したのね。

「梁山泊」のつけ麺、麺はラーメンでいう1.5玉分ということでナイスなボリューム感!!細すぎない、中太〜中細の麺でツルツル食べやすい。

スープは極めてシンプルな「醤油」のスープで、「あらとん」や「おうぎ屋」の魚ベース複雑旨味系とは真逆の、あっさりした味だ。

このあっさりとしたスープのおかげか、最後まで飽きることなく食べられて、1.5玉を食べ終わってもまだまだ食べられるよ!って感じ。

ただ個人的にはこの「あっさり」がちょっぴり物足りない。
「つけ麺」との出会いが「あらとん」だったから、もっと複雑なダシの美味しさを味わいたかったなぁ。(まぁこんなことを思うのも、まだまだ「つけ麺初心者」だからだろう。もう少し色々な店で食べれば、あっさりスープの良さもわかってくるハズ!!)

とは言え美味しいと思うしまた来たいと思ってる!
+100円で麺の量が2倍(つまり3玉分!)になるんだけど、今度はこれだな。

つけ麺 700円

おうぎ屋

  • 2008.01.18 Friday
  • 23:59
つけ麺今週はスープカレーを2回食べたし
蕎麦も1回食べたし。

今日は何か、いつもとは違うものを食べよう。

そう思って思い出したのが「つけ麺」。
まだ「あらとん」でしか食べたことがないけど、「あらとん」で食べて美味しかったから、もっと色々なお店で食べてみたいなと思っているのが「つけ麺」。

今日行ったお店は、同僚ご推薦、東区元町の「支那そば おうぎ屋」。
ここは元町生協の隣りにあって、某カレー屋さんに行く時によく目にしていたから、昔から気にしていたお店。東区北21条東16丁目2-28。初。

お店はカウンターのみのこじんまりとしたお店。
白を基調としていて清潔感があって心地いい。

今日はつけ麺を食べに来ているのだから当然、「つけ麺」を注文。

「おうぎ屋」と言えば「自家製麺、無化調」と言うのが超有名な話で、
個人的にはこの「自家製麺」というところががとても楽しみ♪

「お待たせしました!」
と、カウンター越しに手渡された「つけ麺」。

噂の自家製麺は細いちぢれ麺でやや色が白い。
さっそく一口すすってみるとふわっと小麦の香りがして、これは旨〜い!!!
麺が細いってのも札幌ではあまり無い感じだから新鮮で面白いよ。

スープは魚系の旨味を強く感じ、トリガラやトンコツなどと相まったもの。
麺が相当美味しいけど、このスープも負けじと相当いい。

麺を食べ終わった後はスープ割りをしてもらう。
これもまたなまら旨い。

おうぎ屋いい!!
そしてつけ麺イイ!!!!

もっといろんなつけ麺が食べたい。
今日は改めてそう思ったのでした。

つけ麺 630円

あらとん(2)

  • 2007.08.24 Friday
  • 23:59
辛つけ麺今日のランチは今年6杯目の昼メシラーメン。
ラーメン屋さんで初めて、毎週通ってもいいと思う程のお気に入りの「あらとん」へ。中央区北10条西21丁目15-4 札幌場外市場食堂長屋。3ヶ月ぶり、2回目。

14時前というお昼の時間を少し外れた時間ではあるが席は満席で少々待つ(と言っても2分程。。)

前回は「つけ麺」を食べたので、今回は「辛つけ麺」を注文。
これ、噂では結構辛いらしい。。

カウンター越しに見える広々とした厨房。
バサーッ!という豪快な湯切りを見て心の中で拍手♪
これを見られるだけでもここに来た甲斐があるもんだ。

さぁやって来た「辛つけ麺」。
ん!?麺が前より白っぽい気がするがなんでだ??まぁ気にしないようにしよう。。。

スープを飲む。辛い。思わずむせ返りそうな辛さだ。
…が、魚系の「あら」の濃厚な旨味、「とん」骨のコクが、辛さに見事にマッチ。

激旨!!

麺を食べ終わった後は「スープ割り」をしてもらう。

美味。
スープ割りを飲んでいる最中、下の方から茹でキャベツが2枚出てきたのだけど最初から入っていたのかな?辛さを中和するいいアクセントになって、もちろんシャキシャキとした食感もいいアクセントになっていて名脇役っぷりを発揮していました。

次はいよいよ激辛つけ麺か?
それとも普通のラーメンか?

それはその時にならなきゃ分からない。

辛つけ麺 730円

前回の「あらとん」の様子はこちらから

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM